入園式のコサージュの付け方

入園式のコサージュはベストポイントに

入園式用のコサージュにもいろいろな種類があります。コサージュとは、生花や造花で作られたブローチタイプの装飾品のことですね。相手に喜びを伝えたいときに付ける小さな花のことをコサージュと呼びます。一般には作り物の花飾りを付けますね。付ける位置はいろいろありますが、一般的には胸や腰です。胸では左胸に付けることが多いですね。

入園式でコサージュを付けるときに、キレイに見えるようにするにはどうしたら良いでしょうか。ポイントは少し上の少し内側です、肩のラインとバストトップのラインを4等分して、上から1/4で少し内側に寄せた付近がベストです。また、薄手の衣装に付けるときはコサージュがグラグラしますよね。その場合は、あて布をする方法が一番手軽で簡単です。子供と一緒の記念写真は長く残ります。入園式のコサージュはベストポイントで動かないようにシッカリ付けましょう。

入園式のコサージュは体に合わせて

入園式等コサージュを付ける機会も多くあります。コサージュを付ける位置は、少し上の少し内側がポイントでしたね。入園式等ではコサージュを付けて記念撮影をします。子供と一緒の記念撮影の写真は長く残ります。コサージュの付け方にも工夫をしましょう。

入園式用のコサージュに限りませんが、お店で売られているコサージュの形をチョット曲げると写真写りが良くなります。一般的にお店で売られているコサージュは背面が直線なので体にフィットしません。コサージュを付ける時は体に沿うように、コサージュの背面を少し曲げると良いですね。入園式用のコサージュは、ワイヤーで作られているのが一般的です。少しずつ自分の体に合わせてカーブを付けると上手く体にフィットしますよ。試してみてください、キレイに見えるようになります。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。